2012年製ロボ付ダイキンエアコン洗浄

2012年製自動お掃除ロボ付シャープエアコンの洗浄です。

ダイキンの次に依頼の多いエアコンです。(当社比)カバーを外しても、まだ銀色のフィンが見えません。これが自動お掃除ロボ付エアコンの特徴です。通常のエアコンならカバー外したらすぐ洗浄できるのですが、ロボ付きはそうはいきません。このロボを分解するのが手間な分、料金に反映されるのです。ちなみにこのエアコンは【AY-B22SX-W】という型番です

自動お掃除ロボって自動で掃除してくれるのはフィルターだけなんです。フィルターだけの掃除でこんなに値段が高くなるなんて・・・・・。電気屋さんうらやましい。結局、ロボの後ろのフィンや写真に写っているファンなどはホコリやカビで汚れてしまうのです。自動でお掃除してくれると思って放っておくとどんどん汚れてしまいます。しかし、ロボ付きエアコンの掃除は値段が高い・・・・・・いいとこない・・・・・

後払い.com【後払いドットコム】コンビニ・銀行・郵便局で後払い決済
  1. エアコンに虫を侵入するのを防ぐ方法

    ご存じですか?引っ越しした時や部屋間でのエアコ...続きを読む
  2. エアコンの吹き出し口(送風口)の清掃とカビ対策

    これはエアコンを送風口(吹き出し口)を下からの...続きを読む
  3. 室外機の分解洗浄

    意外に忘れがちな室外機の掃除、怠ると効率が悪く...続きを読む
  4. AY-B22SX-W シャープ ロボ付きエアコン洗浄

    ロボ付きだからといって、掃除しなくていいわけで...続きを読む
Powered by Flips